学校紹介

 東吾妻町は、群馬県の西北部、吾妻郡の中央に位置し、面積は約254㎞2、東西28㎞、南北16㎞です。町には、榛名山や岩櫃山、浅間隠山がそびえ、周囲には1000m級の山並みが広がります。名勝吾妻渓谷を有する吾妻川や本校の学区を貫く温川(ぬるがわ)、大小様々な多くの渓流が見られる、水と緑に恵まれた自然環境の豊かな町です。

<榛名山西麓から浅間山、浅間隠山をのぞむ>
1

 本校の学区は、上州豊岡宿と信州とを結ぶ旧街道を忍ばせる、歴史の残った静かな山間にあります。東は榛名山西麓斜面、西は浅間隠山から万騎峠、須賀尾峠に至るまで、東西直線距離約17㎞、最高最低地点標高差約1300mと自然の変化に富んだ地域です。

<旧街道をしのぶ 本宿の街並み>
2

 本校は昭和49年4月、旧坂上小学校大戸教場、萩生教場、本宿教場、須賀尾教場、大柏木教場が統合し、吾妻町立坂上小学校として発足し、平成18年の町村合併により東吾妻町立となり、現在は学級数7、児童数は94名です。多くの児童はスクールバスで通学しています。

<温川上流「滝ノ沢不動滝」>
3
<近くの田んぼのギボウシ>
4
<学校の裏手のシュウカイドウ>
5
<岩殿 目を引く急峻な岩場>
6
<霜田の田んぼ その歴史は古い>
7